キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 葬儀の時の花は造花でもいいの? : 葬儀情報館IN千葉

葬儀情報館IN千葉

葬儀の時の花は造花でもいいの?

葬儀情報館IN千葉mainイメージ

葬儀の時に使用する供花にも種類があります。千葉で行う葬儀も宗教により花の種類は変わります。

葬儀の時の花は造花でもいいの?

葬儀の時に使用する花輪には、造花が使われています。

しかし宗教によっては生花を使う事もあります。

・造花を使う場合

千葉県内で葬儀をしている場合、花輪があると葬儀だという事がわかりますが、花輪の場合は造花を使います。

花の種類や色は、業者による違いもありますが、地域ごとにある程度決まっているので、千葉の場合は千葉県内の葬儀社に依頼すれば問題ありません。

しかし花輪以外の供花や、献花には造花ではなく生花を使うのが一般的です。

ただしこれについては、利用する葬儀場によってルールがあるので、それを優先します。

供花スタンドといって、祭壇の左右に飾る花にも造花を使う事があります。

・供花に生花を使う場合

葬儀に使用する花に造花を使わない場合もあります。

キリスト教の葬儀では、献花を行いますが、献花に使用するのは生花と決まっています。

最近は葬儀スタイルも多様化しているので、キリスト教以外でも献花として、生花を使う事が増えてきています。

・まとめ

葬儀では花を使う事も多くなりますが、使用目的によって花の種類も変わってきます。

また宗教によっても向き不向きの花があるので、通夜や葬儀に参列できず、花を贈る場合は宗教に合った花を贈るようにします。

花を贈る場合は宗派なども確認してから手配するのがいいでしょう。

葬儀で使用した生花を持ち帰る事については、人により受け取り方が異なりますが、持ち帰り仏壇や花瓶に生けて飾っておくのも供養になると言われています。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 葬儀情報館IN千葉>